遊笑舎の障害者雇用の就労支援トレーニングキャンパス。

10月1日開催の内容は、【SST】です。

SSTとは、『他者の感情がわかる。相手の気持ちに合わせた言い方ができる』になります。

SST(Social Skills Training)とは「生活技能訓練」または「社会生活技能訓練」と訳され、認知行動療法に基づいたリハビリテーション技法です。精神に障害を持ったひとが社会で生活していくために、対人関係を良好に維持する技能を身につけ、自信を回復し(QOLを高める)、ストレス対処や問題解決ができるスキルを習得(再発防止)する目的ですが、これらの技法は障害に関わらず全ての人に適応できるものです。

他者の感情や相手の気持ちに合わせた言い方とは、とてもむずかしい内容となっておりますが、一緒に学ぶ仲間同士での会話や講師との会話の中での表情についてや、態度についてをまずは知ることから始めます。ロールプレイをしながら一つひとつ丁寧に講義していきます。

SSTを知る・学ぶメリット

・日常のコミュニケーションが円滑にできるようになります。症状を聞いたり、つらさを共感したり、困っていることやもっとこうなりたいという希望を聞きだすことも上手くできるようになります。

・統合失調症という病気の特性を理解し、援助技法を学べます。

・障がい者本人の社会復帰への援助に活用できます。

・障害者介護家族自身の環境でのコミュニケーションが上手くできるようになります。職場や家庭での対人関係を円滑にできる力がつきます。

・自分のストレス対処ができるようになります。

・問題解決技法を学ぶことができ、ストレスの回避につながります。

・ポジティブに考え、生活できるようになります。

講師の略歴・プロフィール

氏名:小林 宜央(就労支援アドバイザー)
特別支援学校 教員勤務経験 10年
障害者就労・就職支援 勤務経験 10年
学齢期から成人期の幅の広い年齢層と携わってきた経験と、様々な障害を持った方との関わりの中で、何名もの方と会社の架け橋となって来ました。それらの経験から「働く」ことに必要な知識や訓練を提供します。

【参加お申し込み】

参加申し込みはこちら:054 – 639 – 7778
【メールフォーム】https://yusyousha.com/contact