【保護者の参加メリット】

・子供に合った制度のサポートがわかります
・子供のための将来設計が出来るようになります
・本人の不思議な行動や意味がわかり、理解するまでの煩わしが解消できます。
・参加を重ねることで、本人が笑顔で暮らすために、家族ができることが身につきます。
・~が出来るようになっていきます。又は対応力が上がります!とか

【事業者の参加メリット】

・「障害理解をより深めることができる」
・「具体的な支援方法を学ぶことができる」
・「他の事業所ではどのように支援しているのか、それぞれの置かれている環境をシェアすることができる」

【講師の略歴・プロフィール】

氏名:多々良 正英(代表取締役及び講師)
未就学児童福祉施設(現児童発達支援センター)勤務経験 10年
障害者入所施設 勤務経験 10年
相談支援事業  勤務経験 15年 (静岡県委託事業 発達コーディネーター事業勤務)
未就学期~成人期まで幅広い現場を経験を積み、親の本質的なニーズや、より実践的な現場指導の実績があります。
「困ってしまった」という漠然とした悩みから、実際に何に困っているのかを的確に個々の支援経過を通してお答えします。

【7/18のカリキュラム】 保護者様への基礎研修5

「地域での暮らし方3回目」で、余暇についてです。

余暇とは?

個人?サークル?団体?思い描く余暇時間の過ごし方について、本人はどう思っているのか。

家族がさせたいことなのか。1回目の「地域での暮らし方」の本人の思い、家族の思いからの発展的な内容となっております。ご家族が思う余暇のイメージはどんなことでしょうか。本人の笑顔のため、また参加された家族の笑顔のためもう一度振り返り、前を向くことができる内容となっております。

【7/18のカリキュラム】事業者様・基礎研修7
「家族(お客様)へ寄り添う」とは?

本人のことを一番知っているのは家族です。

しかし、家族の言うこと聞けばいいのか、、、それは違います。

ではどうしたらいいのか?

家族(お客様)へ寄り添うとは?
本人への支援をする中で、家族の思いとは、何を求めているのか、何を抱えているのかそこがわかれば、明日から家族との関わり方が変わります。

気づけば家族が協力者となってくれる。家族との関わり方に不安を抱えている支援者の方、ぜひご参加ください。支援をする上でとても必要なスキル(知識)です。