生活介護

本人・保護者のヒアリングを基に、特性や、好み、技能等に合わせた、適切な日課・作業・運動プログラムや余暇活動を組み込み、ご利用スタート、ゴール時期を意識しながら個別支援計画の作成と、その実践、定期的な評価等を実施し自立までをも、促していきます。

Aさんご家族の遊笑舎「生活介護」ご利用パターン

【20代 / 男性 / 療育手帳あり/支援区分5/強度行動障害】
知的を伴う自閉症と医師の診断有り。感覚過敏が強く、集団行動が強く苦手により、 4年間、受け入れ拒否やご家族の意向に見合う施設が見つからず、遊笑舎に相談。
※尚、16歳~18歳未満の方で、日中活動の利用を希望される場合は、児童相談所長の許可が必要となります。詳細はご相談ください。
10:00 ご家族の送りで、登所。
10:30 他の利用者と一緒にドライブを選択
11:30 休憩
12:00 昼食
13:00 休憩(自分のペースでゆったり過ごす)
14:00 散歩やマッサージの練習
15:00 パソコンで動画鑑賞、音楽鑑賞等
15:30 送迎(自宅まで送り。)

日中施設機能利用(地域生活支援事業)

日中の生活介護と併用し、ご家族の予定に合わせて、時間外の介護提供する支援機能です。 また、日中、夕方の時間帯で、一時的に見守り等の支援が必要な場合にも適している介護サービスです。

Bさんご家族の遊笑舎「日中施設機能」ご利用パターン

【30代 /女性 / 療育手帳あり / 支援区分6/ 藤枝市在住 】
知的を伴う自閉症。生活のほとんどに個別の対応が必要。地域の行事(葬式や組の打ち合わせetc)で 16:00以降、少しの時間を見守りを希望をしているが藤枝市内では利用できる施設がなく、遊笑舎に相談。
10:00~16:00 遊笑舎の生活介護を16:00まで利用。
16:00~18:00 「日中施設機能」を利用して、ご家族がお迎えに来れる時間まで、安全に見守り。
18:00 ご家族のお迎え

レスパイト・ケア(保護者の介護休息・一時預かり)

介護される側だけでなく「介護する側=保護者」へのケアの重要性を考えます。
遊笑舎が保護者・家族に休息を取ってもらうよう一時的、短時間の「日帰りショートステイ」をご提供しています。ご利用のご要望は相談内容により、ご対応させて頂きます。

発達・知的・精神障害支援のご利用相談はお電話で受付中

メニューを閉じる