https://yusyousha.com/

NHKの番組「ウワサの保護者会」の番組アンケートでは、およそ3割の保護者が「我が子の発達障害があるかも・・・?」と思ったことがあると疑ったことがあるとのこと。

一見では、判断がつきにくい傾向。それらは個性なのか、成長過程の性格の一部なのか、はっきりした境界線がつきにくいと悩む保護者、ご家庭があると思います。

発達障害なのかどうかを、どの様な方法で保護者が判断できるのかを自立支援を提供する障害福祉のスペシャリスの当社、障害福祉事業相談所が推奨したい考察をお伝えしていきます。

発達障害の判断方法とは?

発達障害の判断方法を遊笑舎

保護者が心身ともの消耗してしまう状態。それは「発達障害ではなかった」と自分の子供の調子が良い状態を見て一安心し、調子が悪くなると「発達障害かも」と一喜一憂の心身のアップダウンが一番、保護者のあなたを疲れさせてしまいます。

発達障害を判断する方法

大切なことは、障害があるかないかに関係なく、我が子が、今困っている、もしくは今後困るであろうことを、どうすれば助けられるのか。この本質に保護者自身が自分と向き合い、我が子と接する姿勢が一番です。

病院の薬ではな治る病気ではない。心の処方箋が必要です。どのように接していくかというオペレーション的な行動マニュアルも大切なのですが、まず、理解する、事実を受けいれる許容と、そして我が子を認めることが何よりも行わなければいけない行動の一つです。

わかってしまう。見抜かれている要素があるから、保護者のあなたへの反応は反作用になってしまう。

精神的に敏感だから、保護者のあなたの思うところも、わかってしまっている可能性がおおいにある

診断結果野湯有無に関わらず、どう対応すればいいかを相談できる場所もあります。が、相談だけでは、一時的な気持ちは楽になり、ご家庭の帰宅すると現実に戻り対応ができなくなりがち。

遊笑舎の無料相談は、相談された内容に保護者のあなたが、帰宅後、我が子に次の一手を行える具体的な行動までをも、お伝えしています。

発達障害、知的・精神障害(16歳以上)についてお悩みのご家庭は当社、障害福祉事業相談所の無料相談をご利用下さい。話せなかった、気持ちをお聴かせ下さい。

無料相談予約はお電話にて。メールでのご予約は下記URLよりページへ移動して戴き、専用フォームより必要事項をご入力の上、送信して下さい。 https://yusyousha.com/?page_id=7